カニ ギフト

通販でかにを注文したいけど、鮮度はどうかと気にする方もいるようです。

少し前まで、通販のかにというと新鮮なものはないといわれていました。今どき、そんなことをいう人はほとんどいません。

加工保存や流通システムの発展はものとっても、市場で買って店舗に並べるのと変わらない品が通販で売られ、オイシイ新鮮なかにを味わえるようになりました。通販は顔が見えない、品物を手にとって選べない取引なので、必ずしも鮮度や味に問題がないとは言いがたいので、まずはお店を慎重に選んでちょうだい。今、食べられるかにの中で、一押しは何でしょうかと聞かれますが、ズワイガニをお薦めして、はずしたことはありません。

実は、その産地の名がついているかには、ほとんどズワイガニです。地域で有名なかにばかりで、皆さんご存じの松葉ガニ(ズワイカニの別名で、山陰地方で獲れたものに限定した呼び方です)や越前ガニなど、地域の名前入りのタグをつけたズワイガニはまず太鼓判を押せます。
ブランドの分だけ高価なのは事実ですが、そうしたブランドのかには味噌もオイシイのです。より良いタラバガニの条件とは、まずは、雄を選んでちょうだい。
メスの個体は栄養分を卵に消費することが多く、タラバガニが最もオイシイ部分、脚がオイシイのはどちらかというと雄の方が圧倒的にオイシイのです。

これも通販では難しいですが、甲羅の中央部にある突起の数に注意してちょうだい。

6個並んでいれば、タラバガニに間ちがいなく、突起が4つの場合、それはアブラガニという似ていますが別の種類です。

かに好きの私にとって四季を通じてかにが最高のご馳走ですが、特に冬場のご馳走のてっぺんに君臨するのがかにということに反対する人はいないにちがいありません。

名産地の出所確かなかにを送って貰えるならそれに越したことはないでしょう。いろんなかにをあつかう通信販売では、かにの良し悪しを見分けるのに自分の目が正しいのか分からず不安ですが、通販でかにを買うときの選び方の、これだけは気をつけたいポイントは以下のもので、それほど難しいものではありません。産地というのはもちろん、いの一番に考えなくてはいけないものです。

誰でも知っているような、かにで有名な地域で水揚げされたものなら、安心ですね。

2つ目のポイントが、なるべく複数の業者を介さずに直接送ってもらうことです。

鮮度が断然違ってきます。

最後の仕上げに、ネットの口コミ(失敗を減らすためには役に立ちますが、出会いを減らしてしまうことにもなりかねないでしょう)などのお店の評判を基に自分なりのお店のランク付けをしてみれば、間ちがいのない選択ができるかも知れません。

丸ごとの活かにが手に入ったら、まずはきれいに洗い、30分くらい真水につけます。

軍手を忘れないでちょうだい。

胴のかなめである腹の三角形部分を外して関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。

次に甲羅と半身を離します。

両手で持って、一息に半身を外します。残った胴は黒い部分と全体の汚れを除き、かに味噌を出しておきます。脚を外していき、長さも食べやすくします。

食べるときのために、切れ目も入れましょう。

殻の一部を薄くしておくと、食べるとき身を出しやすくなります。コツを飲み込めば、それほど力を入れずにさばけますよ。

一口に食用のかにといっても、沢山の種類があります。
一番に挙げるのはタラバガニではないでしょうか。毛蟹も、どこの国でもよく知られています。タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、タラバガニとはまた違った身や味噌のおいしさが熱心なファンが数多くいます。ズワイガニも多く出回っており、その味もよく知られた種類です。

もちろん産地によっても味は異なり、それぞれに好きな方がいます。
調理前の冷凍かには丸ごとのことが多く、手間をかけずに解凍したいと考えるでしょうが、おいしく冷凍かにを食べたいと思うなら解凍は十分時間をかけましょう。

かにをおいしく解凍するために忘れず行いたいのは冷凍庫からすぐに室内に出さずに冷蔵庫で解凍することです。冷蔵庫の温度が魚介類の解凍には最適なので、しっかりおぼえておいてちょうだい。かにのお歳暮、もらった方は喜ぶでしょう。
かにを買うときには、ここだけの話、注意してほしいことがあります。

何のことかと思うでしょうが、品数が豊富であればあるほど、自分でかにを選ぶ手間を惜しまないことです。

かにの選び方に自信がないためですが、お店の人の見る目を安易に信じてしまうと、店側が早く売りたい見切り品を掴まされるかも知れません。生鮮食品を贈るワケですので、お店の人との関係を大切にしてちょうだい。

カニ ギフト